スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 登り窯作品展 4

2012 登り窯作品展 4
P5150381 耀久 大松耀久(中1)作
斬新なデザインの創作作品、白土の焼き締めで、灰が良く乗っています。
作品名は、「なんじゃこりゃ」

P5260541 松岡 松岡(中1) 作
形の良い黒茶碗、自然降灰がアクセントになり、軽快な仕上がりです。
窯焚きに参加してくれて有難う。

P5240500 田中クニコ 田中クニ子 作
焼き締めの小花器2点
右は赤土、左は黒土、良い色が出ています。

P5240497 ?? 山岡 作
少しブルーな黒猫の鉢カバー、たいへん面白い作品です

P5240493 岡村 岡村 作
自然降灰がたっぷりかかった、ゆったりとした質感のある水差しです。
これ以上無いと思われる出来上がりです。

P5230481 阿部 阿部 作
灰をかけて焼いてみました、たっぷりと釉がかかった優雅な茶碗です。

P5250525 久保 久保 作
白い縦のスリット象嵌が入った、信楽土の焼き締め。
オシャレな花器です

P5250522 松本2 松本夫妻 作
お茶碗とお湯飲みの2セット、
信楽土の焼き締めが綺麗です

P5240519 田中喜久子 田中喜久子 作
スッキリと良い形をした注器、釉の乗りも言うことなしの名品です。

P5240513 欧陽 欧陽 作
高さ50cmの大型花器、信楽土の焼き締めです。
いい形です、よく焼けています、よく作りました、素晴らしい。

P5240505 長尾 長尾 作
松灰釉と、焼き締めの抹茶碗2個
いろんな雰囲気に仕上がりますねえ、お茶席が楽しくなります。

P5250540 蠣崎 蠣崎 作
一番灰の掛かる所に置きました。
白土と黒土のモザイク皿の上に、たっぷりと上手く灰が乗りました。

P5250538 玉井 玉井 作
小花器3個、焼き締めで良い色に仕上がっています、どれも可愛い

P5250534 沖井 沖井 作
カチッと作った小花器
角の直線を境とした緋色の濃淡が綺麗です、

P5250531 大矢 大矢作
シノギの曲線が綺麗です、その上に釉がなじみ、優雅に仕上がっています。

P5250528 藤本 藤本 作
火ダスキ、ぼた餅の技法がバッチリ決まったお皿です。
備前風に上手く仕上がりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。