スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年春季登り窯・会員作品展-4-

09年春季登り窯・会員作品展-4-

山岡 山岡さん 作
赤荒土、白化粧、松灰釉のパターンです、
このパターンは初めてで、今までと少し変わった雰囲気に仕上がっています、ふんわりと優しく、今後このタイプが流行るかもしれません。

岡本 岡本さん作
大皿です、表面の凹凸に自然降灰が上手くたまっています。
狙い通り、ブルー、淡い白が、黒土ベースの上に出て、とてもよい味を出しています。

田中クニ子 田中クニコさん 作
右下が信楽土、左上が黒土ベース。
同じ松灰釉をかけていますが、こんなに違いがでています。とても上手く出来ています。

太田 太田さん 作
12センチほどの小鉢
ふわっとしたブルーです、深みを感じるブルーです、こんな色よくでたなあ。

久保 久保さん 作
信楽土、焼き締めです、
小皿は藁を敷いてボタモチを乗せています、花器は緋色が綺麗に出て、形もいうことはありません

瀬野 瀬野さん作
部分的に釉を掛けた所が白く光って流れています。
成熟した上手さが感じられます、名品です。

畑谷 畑谷さん 作
新しい釉薬、藁白釉を実験的に使ったお茶碗、
白く、そして茶色に透き通ったような色になりました、次回このスタイルが増えそうです。

依藤 依藤さん 作
赤荒土の鉢と箸置きです。
炎の力、自然降灰の変化を実感する作品です。

柳沢 柳沢さん 作
長さ20センチほどの長皿、敷き藁、ボタモチの模様がはっきりと出ています、
料理が冴える、使うのが楽しみですねえ

続きます



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。