スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登り窯・花のうつわ展 4

登り窯・花のうつわ展 4

PC110346 松井ひろ子松井ひろ子 作

信楽土の焼き締め花器
生ける花が映える事を考えた、オーソドックスでシンプルなデザインです。


PC110334 玉木 玉木 作

釉が解けて、さらにその上に自然降灰が乗った、濃厚な味わいの茶碗です。
じっと見つめてしまいますね


PC110335 玉井玉井 作

信楽土の焼き締めです。
コロンとした形、可愛く並んでいます。デザイン力がすばらしい。


PC110336 篠田 篠田作

釉薬の溶け具合が微妙に変化しており、素地の色(合わせ土)と融合しています
形は優雅で個性的で、とても目を引く作品です。


PC110337 長谷川のり子 長谷川のり子 作

高さ30センチ以上の大型花器です。形もダイナミック、存在感があります。
窯変がこれ以上無いくらいにきれいに出ています。

PC110338 高木寛子 高木寛子 作

可愛い形をした徳利にもなります。
大野山ブルーと褐色の自然降灰が調和した、すばらしい出来上がりです。


PC110318 張守 張 守 作

白土と黒土のマーブル仕上げ、ロクロ成型時に仕掛けています。
釉もほどほどに乗り、いいあんばいの花器が仕上がりました


PC110320 畑谷知佐子畑谷知佐子 作

直径25cmほどの大皿。 
イラボ釉の上に自然降灰がたっぷり乗り、これ以上無いほどの窯変が出ています
狙い通り、会心の出来上がりでしょうか。


PC110323 高岡郁夫 高岡郁生 作

形、スタイル、自然降灰釉の様子、大きさなど、すべてが融合してうまく出来た水差しです。
お茶席では大変映えることでしょう












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。