スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010春季登り窯 作品展 4

2010春季登り窯 作品展 4

久保 久保さん 作
左から花器、交合、茶碗です
土の柔らかい感じをうまく使って、3つとも暖かい感じのものに出来上がっています。
人柄が表れるのかな

瀬野 瀬野さん 作
作品の表面にいろんなものを押し当てたりして変化をつけると面白くなります
これはその上にさらに白化粧をして松灰釉をかけましたので、色にも変化が出ました

長澤 長澤さん 作
信楽土、焼き締め、筒型花器
自然降灰と緋色がきれいです、このスタイルは、飽きませんね

松田 松田さん 作
黒土のミックス
葉っぱを形どってお皿にしました、
重ねて焼くためにぼた餅を乗せて焼いた跡が面白い模様になっています

伊藤2 伊藤さん 作
伊良保釉をかけて自然降灰と混ざった、マグカップ。
こんなに綺麗になるとは・・・・次回より伊良保釉が増えるかも、


気比茂子 気比茂子さん 作
轆轤による成型、形良し、豊穣をイメージがする丸壷です。
降灰の色、生地の色も良し、申し分なしです。


田中加代子田中加代子さん 作
なんという色に仕上がったのでしょうか!!
意匠、デザイン、色、神の仕業としかいえないような出来上がりです。
はじめて見ました、もう二度と同じものはできない・・・

長尾長尾さん 作
これも大野山ブルーが良く映えてきれいです。
いろんな模様になって、いつまでも見飽きません。

続きます









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。