「来年の干支・馬の絵皿を作ろう」 盛会でした

大堀相馬焼、来年の干支・馬の絵皿を作ろう

絵皿 1日目は尼崎市 燿窯陶芸倶楽部にて

まず、画用紙に馬の絵の練習 絵描き下書き
 
次にお皿に鉛筆絵下書き。皿鉛筆書き その後、呉須で書いていきます

轆轤引き2 ロクロの実演中

2日目は西宮市「プレラ西宮」で
様子  絵皿描き

3日目は、再び燿窯陶芸倶楽部で。 懇談
絵描き、ロクロ実演のあと、福島県や大堀相馬焼きの現状についてお話をしています。
20軒の窯元が集まる陶器の里は、今後20年は帰れないだろうとの事、たいへんな実情のようです。

絵皿 こんなふうに描けました、全部で91枚、
福島県二本松市にある大堀相馬焼共同窯で焼いて、お届けします。

交歓会 3日目の夕方、ささやかですが、激励会、復興を祈願します。 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード