スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 登り窯・会員作品展 ー5ー

第10回 登り窯・会員作品展 ー5ー

阿部  阿部さん作
まるで生きているような亀、陸亀の色になりました
細工物の得意な阿部さんです 

伊藤2  伊藤さん 作
左から、苦土乳白釉、鉄赤釉、松灰釉です。
みんな逸品です、うらやましい。 苦土乳白釉や鉄赤釉がこんなになるとは、面白いですね

井上 井上さん 作
波模様の上に火ダスキ、ボタモチと、たいへん上手く出来ています。
お造りを乗せても、観ているだけでも楽しい、20cm角の板皿です 
高橋  高橋さん 作  
黒土系、飴釉の水盤
全体に濃い茶色ですが、柔らかな感じの作品です。

岡村  岡村さん 作
緑御影土、内側に松灰です。 綺麗な色彩の作品で、異彩を放っています。

水田  水田さん 作
一番前、火前に置いた大きな花器です。
自然降灰がじわりと流れ、黒っぽい素地と色の調和が取れており、期待以上の焼き上がりです。
どこか、メジャーな公募展に出して見ましょう。

欧陽  欧陽さん 作
大野山ブルーを狙って作った大物、見事な仕上がりです。
火の当たった所は褐色で、裏が大野山ブルーでした。大成功です

《講師作品》
寺井先生  寺井陽子 作
信楽土に微量の黒土を入れました。緋色が黒っぽい赤に発色し、全体にグレーっぽく仕上がっています。

恵子  大松恵子 作
外側には白化粧を掛け、全面松灰釉の抹茶茶碗です。
大野山ブルーが内側には淡く、外側には華やかに出ています。

孝寿  大松孝寿 作
今回はブルーと褐色狙いで小物をたくさん作り、上手くいきました。 この窯の特徴を何とかつかんだような感触です。
次は大物にチャレンジします、 次回をお楽しみに
スポンサーサイト
プロフィール

yohyohclub

Author:yohyohclub

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。